読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然創作記

日ごろ身に着けた技術や見知った知識などの備忘録的なまとめ.主にRaspberry Piやマイコン(AVR)を使った電子工作について綴っていく予定.

AtmelStudio7.0に「RelativeNumber」を導入する

やはりVimを使うなら行番号の相対表示は欲しい.

有名どころでは「RelatveNumber」とか「RelativeLineNumbers」とかあるけど,どちらもそのままじゃAtmelStudioに入ってくれなかった.

 

幸い「RelativeNumber」の方はMITライセンスでソースコードが公開されているので,まだ手が付けられそう.

前回(AtmelStudio7.0に「VsVim」を導入する - 徒然創作記)は有志がAtmelStudio用にBuildしてくれてたけど,今度はそんなのもなさそうだ.

VisualStudioのExtentionなんていじったことないけど,とりあえず手を付けてみるか.

 

まずはソースを

https://github.com/brianschmitt/relativenumber

から入手.RelativeNumber.slnを開こうとすると,SDKがないため正常に開けないと怒られたのでSDK

Microsoft Visual Studio 2013 SDK extension

から入手.

VsVimのQ&Aを参考に,source.extension.vsixmanifestに <InstallationTarget Version="[7.0,]" Id="AtmelStudio" />を追加.

で,buildするとbin\ReleaseにRelativeNumber.vsixができているので前回と同様にVSIXInstallerにドラッグ&ドロップ(.vsixに関連づけられているものはバージョンが一致していない可能性があるため,直接叩いた方が安心).

これで無事に導入できた.